奴隷市場 ヒブァに!


画像


首都タシケントから長距離バスでかなりのロングドライヴを経て、ようやく中世のオアシス都市 ヒブァにやってきました。

ここまでが、かなりつらかった。予定外に2日かかってしまった。なぜなら毎日運行するはずのバスが突如、欠便してしまったため。理由は、かなり単純で、人が集まらん買ったから。ただ、金はしっかり払ったので、その元は取らんといかんし、夜の8時から無くなった、行かないといわれても、宿が無い。

結局この日は、バスターミナルに停車している、明日出発するであろう、バスの中で1泊。僕みたいな人間が5人くらいいて、ドライバーも一緒に寝ていた。
まったく。そして、この車中泊が曲者だった。

寒い、とにかく寒い。そして、同乗していたウズベクのおっさんから体を温めるハーブといってもらった粉末が事態を最悪に叩きのめしてくれた。

勿論、おっさんが飲んでいるのをしっかり確認してからだったので、やばいものでは無いと分かっていたが、やっぱりやばかったものだった。

どうやら、ウズベクのおっさんは、これを口に含んで口に刺激を与えて、体を温めるといっていたらしいが、僕は、間違って飲んでしまった。
そのおかげで、ずっとゲップをし続けてしまうことになる。どうやら、胃の中でガスを発生するもだったらしい。とんだ、体を温める薬になってしまった。

一晩、バスで苦しみ、バスの寒さでやられて、風邪ひき、いよいよ三重苦になってしまった。上杉謙信ではないけど、これはなかなか解決しない。
あったかいお茶を飲んだりしたが、半日で回復するはずも無く、苦しみぬくまま、バスは昼の2時に出発した。
24時間かかるらしい。果たして持つのだろうかと思いつつ、必死で体を温めていたが、夜9時、ミールストップで泊まった食堂でいよいよ吐いてしまった。
車酔いじゃなく、自然に酔っていたみたいだった。
吐くと楽になったので、風邪も一気に解消。我ながらと思いながら、落胆しつつ。
どうにか、ヒブァへ。どうも、この旅で大きなトラブルがはじめて起こった気がする。体は、大事にしないと。
ヒブァについて、とにかく飯を食べて、後はゆっくり、観光していた。

ながなが、まったく、ヒブァという町は。僕の日常に存在しなかった風景、におい、風がある都市で素敵ということばなんとも、似合う。

本当に、中世の町並みなのである。ただし、この町は、悪名もある。
かつての時代より、奴隷市場が開かれていた都市なのである。それは19世紀まで続いていた。
今は、平和な空気が流れる穏やかな都市だ。

ただし、この城壁で囲まれた、映画や物語、ゲーム等で空想を描いた想像が実在している。
旅にでて、よく感じること。特に、旧時代のものや、変わらない変わることないようにしている文化(僕の場合、食がおおきい。この地域ではナンかな)を見たときに、人生とはと思い、自分も大きな流れのひとつで、人は人無しでは生きていけない。

文学は、現実を模倣している。

この言葉を、旅で実感する。文学はこの世のどこかに存在するものなのだと。
今まで読んだ、めぐらした空想をこれからも見て、感じて、食べていける、旅を楽しみ。めいいっぱい遊ぼう。

という訳で、もうしばらく旅します。

世界の歴史を教科書の風景を実際みながら、歴史を感じ、人を見るのは本当に楽しく。人のいやな顔とよい顔、両方見ることが人生の幸せと感じています。

ところで、この町中世、またその昔からシルクロードのオアシス都市としてよりも、名が通っている二つ名があります。

奴隷市場ヒブァ

文字とおりで、その昔からヨーロッパ、中東などに奴隷を供給していた都市であった。
19世紀に帝政ロシアが解体するまで続いていた、一大産業。

その都市を夜、歩いてみた。

そこは、21世紀の世の中で、日本で現在を懸命に生きていること忘れてしまうほど、空気が違っていた。
まさしく、映画の世界である。ただし、今は、ヒロインもいない、ただ静寂だけがあるだけ。

当時は、奴隷や囚人の悲鳴、家畜の声、貴族層の団欒が聞こえていたはずだ。
今も聞こえそうな雰囲気はある。

ただ、奴隷のすさまじさはすごかったろうと身震いさせながら、当時の盗賊の姿に思いをはせ、ヒブァを過ごしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

埼たマニア
2007年11月17日 15:29
日本でもビビンときたり、想像を妙に掻き立てる場所があったりするよな。ここであの事件があったのか~あの人が歩いた道か~みたいな。旅や旅行ってそれが本当の醍醐味なんやろな。世界でそれを感じてる今、YOUはとっても幸せ者でしょうね。観光じゃなく、まさに旅してるね。自分は世界の流れの中の一つみたいなこと書いてたけど、日本にいたらなかなか気付かんことかも…。南好治、人間の本質を見る!!やな。 それにしても…そんなにナン好きやったんか…。
拓也
2007年11月24日 02:50
かなりの事態やなぁもう冬やし、暖かくしやんとアカンよ
おっさんには、だまされたなぁまさか、飲まないとはな…でも、また1つ勉強になったやん奴隷の売買が日常にあるってどんなんやろう日本にいるから全くわからん現場の匂いでも感じたら、また違うんやろうか
体には充分気を付けて、無理せず、休むときはしっかり休んで進めやんとあかんで
寅吉
2007年12月20日 14:57
おぉ~い!!!
1ヶ月以上更新かかっとらんやん~~~

元気にしてるかい???
たかこ
2008年01月12日 19:32
タイ・ラオス一緒だった貴子です☆覚えてますか??

旅があれからずっと続いてるなんてすごい!!感動!!

元気にしてればよいのですが・・・?お元気ですか?

この記事へのトラックバック