王宮 フエ

バスの荷台?天井に揺られながら10時間。ハノイから南に700キロ、現ベトナムより前に開かれていた王朝の首都があった場所、フエ。 バスの天井で5年前に、どうでしょう班が感じていた 熱さ、風、匂い、危険 を感じて、ベトナムのどこか日本の風景に似た、懐かしい雰囲気を楽しみながら、バスはかなりの速度で疾走していく。 …
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

スタート地点 ハノイ

前のラオス 戦争の爪あとにも書いている通り、僕のベトナム入国は、新しい国やってきたという意気込み以上に最悪の状態だった。 ベトナム社会主義共和国。 この国名を、聞いて何のイメージを持つだろう。 戦争、食べ物、観光、どうでしょう。 そう、水曜どうでしょうなのである。この国でどうでしょう班は、レギュラーシ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

奇跡と戦争の爪あと glass of jeaul

この平原で起きた、この平原が刻んでいる戦争の歴史。 ラオスには、カンボジアを代表とされるマイン、それと同型のものがその国土に多数眠り、人々苦しめている、事実がある。 その中に世界遺産がある。今は、ツーリストが入れるところは完全に除去されているものの、入り口には物々しく マイン注意 と書かれている看板がユネスコ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

古都 ルアンパバーン

昨年からしばらく、ブログがストップしていました。 心配をおかけ、期待を持たせただけでキチンとしていなかったの反省し、がんっばってつけようと思います。 場所は、東南アジア、先の紛争で国名を正式に改名したラオス その中でも、ラオス中央に位置し、古くは王朝が置かれていたルアンパバーンの町。 町の中心を大河メコンが走り、大乗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母なる川 メコン

母なる川 メコン ラオスを旅して、必ず見るものそれは、大河メコン。 この川の源流は、北は中国まで遡り、ミャンマー、ラオス、タイ、ベトナム、カンボジアと6ヵ国に流れ込んでいる。 ラオスで初めて、この川をまじまじと見て、泳いでみた。 色は、黄土色をしていて、まったく透き通っていない。何でだろう?川底の土質もあるだろうが、それだけ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more