千と千尋の神隠し? ホイアン


宮崎アニメーションの千と千尋の神隠しを知っていますか?まだ、新しいとは言いがたいけど、今からだと10年近くたっているでしょうか。
この作品中には、現実に存在するいろんな場所が登場します。代表的なものでいえば、お湯屋の建物、これは、マニアの中では、道後温泉別館といわれています。
それと同じように、登場する町並みが遠くはなれたベトナムの地にあるんです。
勿論、宮崎監督が公言しているわけでは、無いので定かではありませんが、ここホイアンの日本人街がそっくりなのです。

映画の舞台では、現実の町から使われていないトンネルを抜けて、別世界に飛んでしまい、そこの橋を渡ると、日本の古い町並みが広がりました。まさに、その橋を渡れば古い町が広がるのです。
その橋は、なんともかわいい太鼓橋の小さい版なんですが、橋の中央にお地蔵さんと狛犬が祭られていて、いかにも日本的な雰囲気が流れています。

画像


日本橋を渡ると、まさしく、そこは、日本の昔(明治あたりかな)の雰囲気のような町並みが広がり、暑い日ざしが童話に出てきそうな感じがします。
ここを歩いてみて、京都にあるような伝統的日本家屋が残っているのが、その雰囲気をかもし出していました。
二階建てなのに低い建物、瓦屋根に木枠の格子。まさしく、日本の伝統建築。見ているとなつかしが滲みでる。



日本が鎖国を解き、当初はこの地域と貿易をしていたころ、この町には400人あまりの日本人が住んでいたそうだ。今から100年くらい前に、日本人が集団で生活していた跡がいたるところに見えた。
しかし、それも近代化という世界の歴史、日本の歴史の中で激動し、侵略され、占領され、敗北、勝利していまの国が築かれたとき、その貴重な財産を保護するようになった。
日本人として、同じ民族がコミニュティを作っていたことを純粋にすごいと思った。
世界を旅していて思うことは、日本人は、このコミュニュティを作るのが世界的に見て、下手くそなんだと思う。
その点上手なのが、なんと言っても中国人、イギリス人、そして、国じゃないけどアラブ人じゃないかなと思います。
その国に完全に自国の文化を作れる人種とその国の文化と融合できる人種は、この能力が長けている。

これは、良し悪しあるので、一言ではかたずかない。
ただ、昔の日本の感覚で他国に住むこと事態すごかったと思えば、偉大なことだと思う。
こう感じている以上、僕は、日本人で島国の人間的発想だけど、世界はそうじゃないことが多い。他国に住むこととは、常に隣り合わせであったところの国のが多いんだから、この感覚は少数派だと思う。

ベトナムの決して経済の中心でもない、この町に残る日本家屋をみて感じたことを忘れないでおこう。

そして、当時すんでいた日本人もこのベトナムの暑い日刺しにやられたとき、飲んでいたんだろうなと思う飲み物がこれ。

画像


ベトナムでは、シントーと呼ばれている、シェーク。
この国は、暑さをしのぐ飲み物が発達している。それは、この国が豊富な食料に恵まれていたからだと思う。
シントーは、果物と牛乳、氷を混ぜたもの。ただ、このシェークは、日本でも普段から飲みたいくらいおいしい。ポイントは、半切れのライムだと思う。
あとは、サトウキビの生搾りやココナッツのジュース。ただココナッツは気をつけて。
ぬるいやつは、飲めたものじゃないので。

やっぱり、ベトナムは資源に恵まれた、食のおいしい国だ。

オマケ
どうでしょうのラストランでどうでしょう班が、朝から観光してしまい、その日のスケジュールを大幅に遅らせてしまい、ナイトランしなければならない状況になってしまったのが、このホイアン観光でした。
たしかに、そら来れ見ずにいくのは、もったいない。
どうでしょう班に珍しい選択でした。
ちなみに、どこでもジャックフルーツは食べられます。サクサクしたさわやかな果物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山桜
2008年02月02日 20:05
映画を見ててすべて作りあげたものと思ってたけどモデルとなるヒントが記憶の中にあって出来てるんだね。それを感じえられてたのしいね。
拓也
2008年03月06日 08:45
すごいなぁo(^-^)o 千と千尋の神隠しのモデルかぁ。俺も行って見たいなぁ。
るな
2009年12月26日 18:05
初書き込みで申し訳ないんですが、都合のいい男性探しています。不況の中でも会社が高成長してて、忙しい毎日です。お陰でプライベートが充実していなくって、溜まる一方です。財産的にも多少余裕が今のところあるのでお礼もできます。消されないうちにメールくれたら嬉しいです。inspiration.you@docomo.ne.jp

この記事へのトラックバック