タイ北部を攻める。IN チェンマイ

もはや、多数の人間が訪れ、完全に観光客を受け入れる体制が整っている、タイ北部。 山岳民族の村でさえ、お土産が売っているらしい。 本当の奥地に行けば別らしい。 タイ北部で最大の都市、チェンマイに1泊した。 ここは、ターペ朝があった場所。 昔の王朝があったため、町自体は比較的大きいが、それは、王朝よりも戦争で戦火を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バンコクに再び。

もはや、懐かしささえ感じるバンコクの町に帰ってきました。 やはり、バンコクは暑い。 けど、香港よりもずっと湿度が低いためすごしやすい。 本当は、あっさりバンコクから北上する予定がカンボジアビザの関係で思わぬ足止めでゆっくり、することになった。 けど、いろいろと歩き回り、乗り物も使いこなせるようにはなった。 ワット・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古都 スコータイって??

何でだろう、やっぱり、世界遺産に惹かれてしまう。 特に、古都にとんでもなく弱いことが判明。 奈良県出身だしね。 ここは、2ヶ月前に行った、アユタヤと同じく、タイの古い時代の王朝(スコータイ朝)があった場所。 町のいたるところに、寺院が点在し、いかにも古都の様相を見せている。 僕は、この町に1泊したが、ここのよさは、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

香港での日々

タイに入国してからいろいろ忙しくて(旅しているだけ)、まったく更新できなかったため、ここらで更新します。 香港で雨に打たれて、毎日満足に動けないまま、夜景もばっちり見られないまま、中国の肩慣らしでけして香港をあとにしました。 けど、総合的によかった印象が強い。 同部屋の人間がよかったからかな。きちんとした観光をしてない割に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

香港での日々、やっぱり澳門も中国!

香港に滞在してから4日、上陸してから雨でない日は一日もなく、常にぐずついた天気ですごし、これといった観光もできずにすごしていました。 まぁ、香港の台風警報8(上から2番目)が出て、学校はもちろん会社、屋台にいたるまですべての人間が、自宅に帰ってしまう状態に遭遇したことは、ある意味、ラッキーだったのかもしれない。 ちなみに、この警…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

再び、バンコク、タイランド!

あっという間に、タイ到着! 本当に早かったなー。行きとは大違い。2時間の時差の甲斐もあって、香港を3時50分に出て、6時到着!! なんとも、まぁ早いこと。実質4時間だしね。 とりあえず、無事イミグレーションも通過しました。 しかし、キャセイの地上係員にOタイ出国のpen チケットだと、強制送還させる危険が高い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

香港は、今!!

香港がイギリスから返還されて、もう10年。 その間に、どれだけ変わったんだろう?おそらく、返還前に来た人は、違うと言うかもしれない。 僕自身、ここが中国であると感じられる部分がたくさんある。 まず、観光客。圧倒的に中国人がおおい。だから、どこに行っても西洋人旅行者をあまり見かけない。それに、人民元を使える店がやたらと多…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

首都 まできちゃいました ようやく、首都にたどり着きました。ちなみに、オーストラリアの首都は、キャンベラです。 しかし、首都といっても、経済の中心では、決して無く、政治を取仕切っている。 なんとも、めずらしい国。だから、街も国立の建てモノが乱立している。 しかも、国立、ひとつ ひとつが半端な大きさじゃな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

歩いた歩いたメルボルン

メルボルンに来て、ふと気がついて。市内観光をまったくしていない。 しかし、回ってみて思う。これはと思うことが無いことに。 でかいマーケットで見て、街中のお店を見て、ひやかす。 レンガの町並みに目が慣れてきて、普通に感じられてきたので、普通に町を歩ける。 しかし、メルボルンも昔から栄えただけあって、ロイヤル…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

海外で人生初体験!!

見た瞬間、あっ、やられた。 ちょうど、張っている瞬間だった。 借りている車のそばに誰か立っているなとおもって、見た時だった。 悪い予感は、当たるもので、案の定 駐車違反! しかし、そんな標識わかんなかったし、意味もわかんなかった。 すぐさま、言ってみる。 旅行者だと、英語が分からん …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

グレートオーシャンロードって?

メルボルンから車で350キロほど離れたところにある、グレートオーシャンロードとなずけられた道。 そのまんまで、海沿いの道。 しかし、見所はある、12使途と呼ばれる、海に立つ砂岩があるのだ。 このいったいの岸壁は、砂が固まってできている。 そのため、崖が波で削られてできたのが12使途である。 海に浮かぶ砂柱 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おのぼりさんの気分

ブッシュキャンプを2晩して、どうにか夕方メルボルンに到着した。 メルボルンがちかづくにつれ、町の明かりが大きくなり、高層のビルディングが中心に立ち並び、世界的なホテルの名前が軒を連ねていた。 日本を離れてから、パース以来の大きな都市にきた感じですっかりおのぼりさんになってしまった。 けど、ここでは待ってくれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第2の都市 メルボルンまでに試練が、、、

アデレードで、どうでしょうの 歩んだ道をひとまず終えて、友人達と大いに遊びたおした。3日間。 ここで、ヨーロッパをチャリンコでポルトガルからハンガリーまで走った、強者と出会い、話を聞くうち、これはと悪いたくらみになってしまったので、おそらく半年後には買っているだろう。 そんな感じで、一人のはずなのに気持ちよく遊んで、いい気分…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サウスオーストラリア アデレード

オーストラリア縦断を終えて、その疲れを癒すため、この町では何もしないこと決意していた。 そして、しばらく、できていなかったブログやメールを整理することにしていた。 到着は、朝早く、ゴールをしてから、宿に入って、昼間で寝た。 今日中に、町の観光を含めた散歩をしてしまおう。 その考えは、あながち間違いではなく、結構ゆ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうでしょうの歩んだ道 7 (縦断  アデレード)

最後の勝負、僕は、今までのすべての経験を生かして、勝ちに行った。 今回は、時間通りにバスが入ってくる、フェアな勝負を挑んできた¥。 今回の装備は、最高レベルまで上げていた。 寝袋、靴下2枚、バスタオル、ジャケット、水2リットル。 暑さにも、寒さにも両方耐えられる、装備だ。 しかし、バスに乗って拍子抜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうでしょうが歩んだ道 6 (クーバーピディ)

アリススプリングスで、英気を養い、子供から元気をもらって、さあ、旅再会!! 次に、向かうは、オパールの町 クーバーピディ!! 今回は、乗る前にやられる、1時間20分、バス停で待たされる。 思いっきり遅れてきやがった。まぁ、これなら、別に問題なかったけど。 バスを待ってたアボリジニの人と話をして、時間をつぶしていた。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アリススプリングスで先生になる?

エアーズロックツアーから帰ってきて、この一ヵ月間、かなり忙しく観光していることを思い出し、また、やたらと忘れ物や盗難などの出来事が起きて、安定していなかったので、どうも運気が悪いと感じ、少し落ち着くことにした。 また、ツアーで知り合った日本人の男性がこの町で小学校の日本語の先生をしていて、授業に特別講師で参加して、日本のことをして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうでしょうが歩んだ道 5(エアーズロック編 波乱尽くめの登山)

長かったエアーズロック編、はっきり言って書ききれないけど、とりあえず3部で構成してみました。 最終日は、最も浮き沈みがはげしかった日で、身体的にも疲れたが、一番充実した。 最終日の朝は、エアーズロックのサンライズをみて、ポリッシュを食いながら、またもや赤く燃える様を見て感動し大いに遊んでいた。 しかし、僕には、懸念…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more